グループ内ブラックになったときにお金を借りるためには

過去に金融トラブルを起こした人はブラックリスト入りしてしまい、どんな金融機関からもお金を貸してもらいづらくなることはよく知られています。しかし、ブラックリストというのは、全金融機関が共有しているものと、特定の企業グループ内のみで共有されているものの2種類があります。後者についてはグループ内ブラックなどと呼ばれています。

前者のブラックリストについては、信用情報機関という組織が管理しており、法律的に有効期限が定められています。したがって、仮に債務整理や延滞などでブラックリスト入りしたとしても、長くとも10年も待てばブラックリストから解除され、普通の人と同じように借入できるようになります。

しかし、グループ内ブラックに関しては、通常のブラックリストとは違って、法律的な有効期限は定められていません。そのグループが必要と判断する限り、ずっと情報が保存され続けます。また、グループ内ブラックについては、通常のブラックリストとは違って、ブラック扱いされる基準が厳しいです。例えば、延滞が何度かあるだけでブラック扱いされてしまいます。

信用情報機関ではブラック情報を本人が照会できます。照会してみてブラック情報がないにも関わらず、なぜか審査に落とされる場合は、グループ内ブラックの可能性があります。その場合は、一度、全然関係なさそうな別の金融機関に申し込みを試してみるべきです。そうすると、あっさりと審査に通って、今までの苦労は何だったのかと感じることもしばしばです。

中には、金利の低さやサービスの使い勝手の良さから、気に入っている金融機関がある人もいるでしょう。にも関わらず、グループ内ブラックにされてしまうと絶望的な気持ちになるかもしれません。しかし、一度、別グループで借入をして、きちんと返済履歴を作れば、ブラック扱いされていたグループからも借入できるようになる場合があります。遠回りかもしれませんが、別グループの金融機関から徐々に攻略していくべきです。

ブラックでも借りるには同じブラックの人の情報を参考にしよう

過去に大幅な返済の遅れが出たり、債務整理をしていたりした場合には、それ以降の借り入れが厳しくなります。ブラックという烙印を押されてしまって、以降当分の間記録されてしまうために、その間は借り入れをするのが難しくなってしまうのです。ただ、そういうブラックの人が絶対に借り入れが不可能化?というと、そうではないのです。確かになかなか貸してくれるところはないと思います。常識で考えたら、そういう返済を期待できない人に対して、お金を貸す会社があるとは思えないからです。ただ、キャッシングを行っている会社は非常に多くあり、いくらブラックだといっても、全ての会社に断られてしまうというのも、また可能性から言っても低いと思われます。ただ、闇金などは絶対に避けないといけません。そういうところはブラックでも貸してくれる可能性はありますが、借りた後が大変なので、やめておくべきでしょう。闇金以外でも貸してくれるところを探すことが大切なのです。では、どうやって探すか?が問題になります。1社ずつ当たっていくのは骨が折れるので、ネットからの口コミなどを参考にすると良いでしょう。世の中にはブラックだけど、借り入れをしたいという人は多くいます。彼らが実際に借りられた報告などをしている場合もあります。そういった情報を参考にするのです。同じような金融事故を過去に起こしており、ブラック債務者となってしまった人は多くいますが、彼らの中にも借り入れをしたくて、でもなかなかできなくて、しかし借りることが出来た。という人もいる可能性がありますね。そういう人は自身の体験談をネット上に載せてくれている人もいますから、そういう会社に申し込んでみると、いくらブラックといえども可能性はあるでしょう。ブラックでも貸してくれるところを1社ずつ当たっていっては時間と手間がかかりすぎますから、最初からブラックでも貸してくれそうなところに目星をつけて、そこのピンポイントで申し込んだ方が良いでしょう。